かんな

【意味】 かんなとは、材木の表面を削って滑らかにする道具。

【かんなの語源・由来】

古くは「カナ」と「カンナ」の両方の語形が見られるが、一般的な音変化とすれば「カナ」から「カンナ」になったと考えられる。
「カ」は「カリ(刈り)」もしくは「カキ(掻き)」の意味。
「ナ」は「ナ(刀)」「ナグ(薙ぐ)」「ナデ(撫で)」など諸説あるが断定は難しい。
「かんな」と言えば、室町時代以前は槍の穂先の反ったような形の「やりがんな」をさしたが、近世以後は堅い木の台に刃を付けた「台かんな」をさす。

【関連語】

合口・匕首(あいくち) 斧(おの) 掻く(かく)
刀(かたな) 鎌(かま) カミソリ・剃刀(かみそり)
刈る・苅る(かる) 木・樹(き) 錐(きり)
ギロチン 削る・梳る(けずる) 玄翁・玄能(げんのう)
サーベル ジャックナイフ 台(だい)
大工(だいく) 鏨(たがね) 竹光(たけみつ)
太刀(たち) チェーンソー 剣(つるぎ)
出刃包丁(でばぼうちょう) 道具(どうぐ) ドス
ナイフ 薙刀・長刀(なぎなた) 薙ぐ(なぐ)
鉈(なた) 撫でる(なでる) 鈍ら刀(なまくらがたな)
滑らか(なめらか) ノコギリ・鋸(のこぎり) ノミ・鑿(のみ)
刃(は) ハサミ・鋏(はさみ) バリカン
包丁(ほうちょう) 矛・鉾(ほこ) 鉞(まさかり)
メス(小刀) 銛(もり) 刃(やいば)
やす 柳刃包丁(やなぎばぼうちょう) 槍・鑓・鎗(やり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス