カニ

【意味】 カニとは、甲殻綱十脚目(エビ目)短尾下目(カニ下目)に属する節足動物の総称。一対のはさみと四対の歩脚、堅い甲を持つ。海水・淡水・陸に分布。食用になるものが多い。

【カニの語源・由来】

カニの語源には、甲が赤いところからや茹でると赤くなるところから、「カニ(甲丹)」「カニ(殻丹)」の意味や、甲が堅くよく逃げるところから「カタニゲ(堅逃)」の略。
能力を兼ね具える意味の「かぬ」の変化や、カニは海よりも川蟹の例が古くから見られることから「カハニハ(河庭)」が変化したなど諸説あるが、漢字の古音は「カイ」なので、和語ではなく漢字の音変化と考えるのが良いであろう。
漢字は中国からであるが、中期韓国語でも似た発音をしており、更に遡れば「カニ(カイ)」に類似した発音はアジアの各地で見られ、元となった地域の特定は難しい。

【関連語】

赤(あか) アサヒガニ・旭蟹(あさひがに) 足・脚・肢(あし)
アナジャコ・穴蝦蛄 アブラガニ・油蟹(あぶらがに) イシガニ・石蟹(いしがに)
イソガニ・磯蟹(いそがに) イバラガニ・棘蟹(いばらがに) イワガニ・岩蟹(いわがに)
海(うみ) 越前ガニ・越前蟹 エビ・海老・蝦(えび)
エビガニ・海老蟹(えびがに) オウギガニ・扇蟹(おうぎがに) オオカニツリ・大蟹釣
オサガニ・筬蟹(おさがに) カイカムリ・貝被(かいかむり) 蟹眼(かいがん)
カクレガニ・隠れ蟹 ガザミ カニクイザル・蟹喰猿
カニクサ・蟹草(かにくさ) 蟹糞(かにくそ・かにばば) カニコウモリ・蟹蝙蝠
カニツリグサ・蟹釣草 蟹の穴這入り カニノテ・蟹の手(かにのて)
蟹の念仏(かにのねんぶつ) 蟹は甲羅に似せて穴を掘る カニバサボテン・蟹葉サボテン
蟹股(がにまた) カニムシ・蟹虫(かにむし) 蟹文字(かにもじ)
カニモリガイ・蟹守貝 カブトガニ・兜蟹(かぶとがに) カラッパ
川・河(かわ) キメンガニ・鬼面蟹 クラブ(蟹)
ケガニ・毛蟹(けがに) コメツキガニ・米搗蟹 ササガニ・細蟹(ささがに)
サソリ・蠍(さそり) ザリガニ シオマネキ・潮招・望潮
シマガニ・縞蟹(しまがに) ショウジョウガニ・猩猩蟹 スナガニ・砂蟹(すながに)
ズワイガニ・ずわい蟹 タカアシガニ・高足蟹 タケブンガニ・武文蟹
タラバガニ・鱈場蟹 ハサミ・鋏(はさみ) ハナサキガニ・花咲蟹
ヒシガニ・菱蟹(ひしがに) ビワガニ・琵琶蟹(びわがに) フーヨーハイ・芙蓉蟹
ヘイケガニ・平家蟹 ベンケイガニ・弁慶蟹 松葉ガニ・松葉蟹
ミズヒキガニ・水引蟹 無腸公子(むちょうこうし) モズクガニ・藻屑蟹
ヤシガニ・椰子蟹(やしがに) ヤドカリ・宿借り(やどかり) ヤマガニ・山蟹(やまがに)
茹でる(ゆでる) 陸(りく) ワタリガニ・渡蟹(わたりがに)

【関連リンク】

「カニ・蟹」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス