カンガルー

【意味】 カンガルーとは、有袋目カンガルー科の哺乳類の総称。雌(めす)の下腹部には、子供を育てるための袋をもっている。尾と後肢が著しく発達し、跳躍力が強い草食性動物。

【カンガルーの語源・由来】

J=クック(キャプテン=クック)の率いる探検隊が、オーストラリアでこの動物の名前を先住民に聞いたところ「カンガルー」と答えたため、以降、その名前で呼ばれるようになった。
「カンガルー」は現地語で「私は知らない」を意味し、J=クック達がそれを動物の名前と誤解したことから命名されたという説が以前までは定説のように扱われていたが、誤解というのは俗説で、現地の言葉で「カンガルー類」を指す「gangurru」が語源。
元は「跳ぶもの」を意味する。

【関連語】

赤ちゃん(あかちゃん) 足・脚・肢(あし) ウォンバット
ウサギ・兎(うさぎ) オポッサム クスクス(動物)
子(こ) コアラ タスマニアデビル
飛ぶ・跳ぶ(とぶ) ニオイネズミカンガルー ネズミ・鼠(ねずみ)
ネズミカンガルー 腹(はら) バンディクート
ブーラミス 袋(ふくろ) フクロアリクイ・袋蟻食
フクロオオカミ・袋狼 フクロネコ・袋猫(ふくろねこ) フクロミツスイ・袋蜜吸
フクロモグラ・袋土竜 フクロモモンガ・袋野衾 ボクシング
ポッタルー メス・雌・牝(めす) リングテール
ワラビー

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス