金に糸目をつけない

【意味】 金に糸目をつけないとは、惜しげもなくいくらでもお金を使うこと。金に糸目をつけぬ。

【金に糸目をつけないの語源・由来】

金に糸目をつけないの「糸目」とは、揚げた凧のバランスをとるために表面につける数本の糸のこと。
糸目をつけていない凧は制御できないため、風に任せて飛んでいってしまう。
そんな糸目をつけていない凧に掛け、制限なくお金を使うことを「金に糸目をつけない」というようになった。

【関連語】

泡銭(あぶくぜに) 糸(いと) 御足・御銭(おあし)
大盤振る舞い(おおばんぶるまい) おけらになる 奢る(おごる)
惜しい(おしい) 金(かね) 勘定(かんじょう)
キャッシュ ケチ 現ナマ(げんなま)
倹約(けんやく) 豪奢(ごうしゃ) 豪勢(ごうせい)
ゴージャス 小銭(こぜに) 三昧(ざんまい)
質素(しっそ) 酒池肉林(しゅちにくりん) 贅沢(ぜいたく)
贅を尽くす(ぜいをつくす) 銭(ぜに) 素封家(そほうか)
大尽(だいじん) 大枚を叩く(たいまいをはたく) 凧(たこ)
チャリ銭(ちゃりせん) 長者(ちょうじゃ) 使う(つかう)
成金(なりきん) 羽振りがいい(はぶりがいい) 太っ腹(ふとっぱら)
マネー リッチ 吝嗇(りんしょく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス