勘当

【意味】 勘当とは、親子・主従・師弟の縁を切ること。

【勘当の語源・由来】

「勘」は「考える」の意味で、罪を法に当てて考え、処罰を決めることを「勘当」といった。
そこから、しかり責める意味が生じ、更に、とがめて義絶する意味となった。
江戸時代、武士は管轄の奉行所、町人は町奉行所に勘当を届け出る必要があり、登録のないものは「内証勘当」といった。

【関連語】

足を洗う(あしをあらう) 当たる(あたる) 引導を渡す(いんどうをわたす)
縁(えん) 落とし前(おとしまえ) お払い箱(おはらいばこ)
親(おや) 馘首(かくしゅ) 籠・駕籠(かご)
肩叩き(かたたたき) 傘一本(からかさいっぽん) 考える(かんがえる)
勘当箱(かんどうばこ) 切る・斬る・伐る(きる) けじめ
けりをつける 子(こ) 更迭(こうてつ)
懲らしめる(こらしめる) 金輪際(こんりんざい) 匙を投げる(さじをなげる)
左遷(させん) 叱る(しかる) 師匠(ししょう)
捨てる(すてる) 攻める・責める(せめる) 絶つ・断つ(たつ)
袂を分かつ(たもとをわかつ) 弟子(でし) 咎める(とがめる)
泣いて馬謖を斬る 罷免(ひめん) 遊郭・遊廓(ゆうかく)
リストラ 別れる・分かれる(わかれる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス