悲しい

【意味】 悲しいとは、心が病んで泣けてくるようだ。つらく切ない気持ちだ。

【悲しいの語源・由来】

古く、悲しいは「心が強く痛むさま」「切ないほどいとおしい」「かわいくてならない」「悔しい」「残念」など、マイナス面に限らず、激しく心が揺さぶられる状態をいった。
悲しいの語幹「かな」は、「しかねる」の「かね」と同源の語で、力及ばず何もできない状態をいうとする説もある。
しかし、かなしいは、心の動揺を自分で抑え切れない状態をいうと考えたほうがよく、感動の終助詞「かな」の品詞転換とする説のほうが良いであろう。
悲しいの「悲」の漢字は、「非」が羽が左右反対に開いたさまから、両方に割れる意味を含み、悲は「非+心」で、心が裂けること、胸が裂けるような切ない感じを表す。
哀しいの「哀」の漢字は、「衣」が被せて隠す意味を含み、哀は「口+衣」で、思いを胸中に抑え、口を隠してむせぶことを表す。

【関連語】

哀れ・憐れ(あわれ) 愛おしい(いとおしい) 忌まわしい(いまわしい)
兎死すれば狐これを悲しむ 項垂れる(うなだれる) 愁い・憂い(うれい)
嬉しい(うれしい) エレジー 覆う(おおう)
思う・想う(おもう) 隠す(かくす) がっかり・がっくり
可愛い(かわいい) 可哀相・可哀想(かわいそう) 気の毒(きのどく)
気持ち(きもち) 口(くち) 苦しい(くるしい)
心(こころ) 衣(ころも) 裂く・割く(さく)
寂しい・淋しい(さびしい・さみしい) 残念(ざんねん) 慈悲(じひ)
切ない(せつない) センチメンタル 嘆じる(たんじる)
断腸の思い(だんちょうのおもい) 辛い(つらい) 泣く・鳴く・啼く(なく)
嘆かわしい(なげかわしい) 嘆く(なげく) 情けない(なさけない)
涙(なみだ) 羽・羽根・翅(はね) 悲喜交々(ひきこもごも)
左(ひだり) 開く(ひらく) 不憫(ふびん)
右(みぎ) 惨め(みじめ) ミゼラブル
噎ぶ・咽ぶ(むせぶ) 空しい・虚しい(むなしい) 胸(むね)
無念(むねん) 物憂い(ものうい) 物悲しい(ものかなしい)
病む(やむ) 遣る瀬無い(やるせない) 憂鬱(ゆううつ)
侘しい(わびしい) 割る(わる)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「悲しい」と「哀しい」の違い・使い分け - 違いがわかる事典
悲しい(かなしい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
哀しい(かなしい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス