かなめ

【意味】 かなめとは、ある物事の最も大切な事柄や人物。要点。

【かなめの語源・由来】

かなめは元々、扇の末端にある骨を留めるための金具のこと。
この金具は、カニの目のようであるところから、「カニノメ(蟹の目)」と呼ばれ、「カノメ」「カナメ」と変化した。
「カニノメ(カノメ)」が「カナメ」に変化したのは、金具なので「金目」という意味解釈が加わったと考えられる。
かなめ(金具)が無いと扇がバラバラになるため、かなめは「物事をまとめる中心」「要点」を意味するようになった。

【関連語】

一大事(いちだいじ) 扇(おうぎ) 核(かく)
掛け替えのない カナメモチ・要黐(かなめもち) カニ・蟹(かに)
肝心(かんじん) 肝・胆(きも) 肯綮に中る(こうけいにあたる)
腰(こし) 後生大事(ごしょうだいじ) コツ
骨子(こっし) 触り(さわり) 正念場(しょうねんば)
真髄・神髄(しんずい) 図星(ずぼし) 正鵠を射る(せいこくをいる)
瀬戸際(せとぎわ) 大切(たいせつ) ツボ
天王山(てんのうざん) 当を得る(とうをえる) ポイント
骨(ほね) 的(まと) 的を射る(まとをいる)
目・眼(め)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス