カモ

【意味】 カモとは、カモ目カモ科の鳥のうち、体が小さく、首があまり長くなく、雌雄で色彩の異なるもの。鳧。

【カモの語源・由来】

カモの語源には、「浮ぶ鳥」「浮む鳥」の略転「カモドリ」が略され、「カモ」になったとする説。
水上で足を掻きもがくところから、「カキモガク」の略で「カモ」になったとする説。
やかましく鳴くところから、「やかましい」「かまびすしい」の「かま(囂)」が変化し、「カモ」になったとする説など諸説あり定かではない。
地方によっては「カモ」を「カモメ」と呼び、「カモメ」を「カモ」と呼ぶ地方もあることから、古くは、「カモ」と「カモメ」の区別が曖昧であったとの見方もあり、「カモメ」と同源で「かま(囂)」とも考えられる。
ただし、「カモメ」の語源には「カモの群れ」とする説もあり、この説をとれば呼称が同じになることは当たり前のことなので、「カモメ」と同源という見方はできない。

【関連語】

アイガモ・合鴨(あいがも) アイサ・秋沙(あいさ) アヒル・家鴨(あひる)
従兄弟同士は鴨の味 色(いろ) 浮かぶ(うかぶ)
ウミアイサ・海秋沙 オオハクチョウ・大白鳥 オシドリ・鴛鴦(おしどり)
オス・雄・牡(おす) オナガガモ・尾長鴨 掻く(かく)
ガチョウ・鵞鳥(がちょう) 喧しい・囂しい(かまびすしい) 鴨居(かもい)
鴨が葱を背負って来る カモガヤ・鴨茅(かもがや) 鴨にする(かもにする)
鴨の浮き寝(かものうきね) 鴨の脛(かものはぎ) カモノハシ・鴨嘴(かものはし)
鴨の水掻き(かものみずかき) カモメ・鴎(かもめ) 体(からだ)
カリ・雁(かり) カリガネ・雁金(かりがね) カルガモ・軽鴨(かるがも)
カワアイサ・川秋沙 ガン・雁(がん) カンムリツクシガモ・冠筑紫鴨
キンクロハジロ・金黒羽白 クグイ・鵠(くぐい) 首・頸(くび)
クロガモ・黒鴨(くろがも) ケワタガモ・毛綿鴨 香頭・鴨頭(こうとう)
コオリガモ・氷鴨(こおりがも) コガモ・小鴨(こがも) コクガン・黒雁(こくがん)
コクチョウ・黒鳥(こくちょう) コブハクチョウ・瘤白鳥 サツラガン・酒面雁
シジュウカラガン・四十雀雁 シノリガモ・晨鴨(しのりがも) シマアジ・縞味(しまあじ)
スズガモ・鈴鴨(すずがも) 小さい(ちいさい) ツクシガモ・筑紫鴨
トモエガモ・巴鴨(ともえがも) トリ・鳥(とり) 泣く・鳴く・啼く(なく)
ハクガン・白雁(はくがん) ハクチョウ・白鳥(はくちょう) ハシビロガモ・嘴広鴨
バリケン ハワイガン・ハワイ雁 ヒシクイ・鴻・菱食(ひしくい)
ヒドリガモ・緋鳥鴨 ホオジロガモ・頬白鴨 ミコアイサ・巫女秋沙
水(みず) メス・雌・牝(めす) もがく
喧しい(やかましい) ヨシガモ・葦鴨(よしがも)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス