カミナリイカ

【意味】 カミナリイカとは、コウイカ科のイカ。胴長約40センチ。房総半島以南の沿岸に分布。肉は厚く、刺身などにされる。モンゴウイカ。

【カミナリイカの語源・由来】

カミナリイカの語源は、雷の鳴るところで多く獲れるところから。
もしくは、雷のなる季節が旬であるところから、「カミナリイカ」と呼ばれるようになったといわれる。
市場では「モンゴウイカ」と呼ばれるが、最近では「ヨーロッパコウイカ」も「モンゴウイカ」と呼ばれるため、この種を指す際は、本来の名である「カミナリイカ」を用いる方が好ましい。

【関連語】

アオリイカ・障泥烏賊 アカイカ・赤烏賊(あかいか) あたりめ
厚い・篤い(あつい) イカ・烏賊(いか) カミナリ・雷(かみなり)
ゲソ・下足(げそ) ケンサキイカ・剣先烏賊 コウイカ・甲烏賊(こういか)
ゴトウイカ・五島烏賊 サクライカ・桜烏賊(さくらいか) 刺身(さしみ)
サヤナガ・鞘長(さやなが) 塩辛(しおから) 旬(しゅん)
シリクサリ・尻腐(しりくさり) シリヤケイカ・尻焼烏賊 ジンドウイカ・陣胴烏賊
スミイカ・墨烏賊(すみいか) スルメ・鯣(するめ) スルメイカ・鯣烏賊
ダイオウイカ・大王烏賊 タコイカ・蛸烏賊(たこいか) ダンゴイカ・団子烏賊
ツツイカ・筒烏賊(つついか) トビイカ・鳶烏賊(とびいか) 鳴る(なる)
肉(にく) ハナイカ・花烏賊(はないか) ハリイカ・針烏賊(はりいか)
ハリナシコウイカ・針無甲烏賊 ボウズイカ・坊主烏賊 ホタルイカ・蛍烏賊
マツイカ・松烏賊(まついか) マツカサイカ・松笠烏賊 ミズイカ・水烏賊(みずいか)
ミミイカ・耳烏賊(みみいか) モイカ・藻烏賊(もいか) モンゴウイカ・紋甲烏賊
ヤリイカ・槍烏賊(やりいか) ユウレイイカ・幽霊烏賊

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス