かみなり

【意味】 かみなりとは、雲と雲との間、あるいは雲と地面の間に起こる放電現象。いかずち。

【かみなりの語源・由来】

かみなりは、「神鳴り」が語源である。
鬼の姿で虎の皮のふんどしを締め、背負った太鼓を打ち鳴らす神は、現代では空想上のものとされているが、昔、かみなりは本当に神が鳴らすものと信じられていたためこの名がある。
「かみなり」は、中世以降にが広く使われるようになった語で、それ以前は「なるかみ」や「いかづち」が一般的であった。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

雷(かみなり)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
雷のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典
「雷」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス