カミキリムシ

【意味】 カミキリムシとは、甲虫目カミキリムシ科の昆虫の総称。体は細く、長い触角をもつ。発達したあごは頑丈で鋭い。カミキリ虫。

【カミキリムシの語源・由来】

カミキリムシは、「噛み切り」「紙切り」「髪切り」の三通りが考えられ、特に、木の枝を噛み切ることから「噛み切り」の意味と思われがちだが、「髪切り」が正しい。
カミキリムシは、漢字で「天牛」のほか「髪切虫(髪切り虫)」とも書き、別名を「毛切り虫」ともいう。
平安末期の漢和辞書『類聚名義抄』では、「カミキリムシ」の「カミ」と「髪」のアクセントが一致しており、「髪切虫」で間違いない。
また、平安中期の辞書『和名抄』には「齧髪虫」とあり、昔はカミキリ虫が髪を齧る虫と見られていたことがわかる。
漢字の「天牛(てんぎゅう)」は、カミキリムシの中国名で、長い触覚を牛の角に見立てた名である。

【関連語】

アオスジカミキリ・青条天牛 アカハナカミキリ・赤花天牛 顎(あご)
アリヅカムシ・蟻塚虫 ウシ・牛(うし) ウスバカミキリ・薄翅天牛
エグリトラカミキリ・抉虎天牛 枝(えだ) エンマムシ・閻魔虫
オサゾウムシ・筬象虫 オサムシ・歩行虫・筬虫 齧る(かじる)
カツオブシムシ・鰹節虫 カッコウムシ・郭公虫 カブトムシ・兜虫・甲虫
カマキリ・螳螂・蟷螂 紙(かみ) 髪(かみ)
カミキリモドキ・天牛擬 噛む・咬む(かむ) ガムシ・牙虫(がむし)
木・樹(き) キクイムシ・木食虫 キクスイカミキリ・菊吸天牛
キスジトラカミキリ・黄条虎天牛 キボシカミキリ・黄星天牛 切る・斬る・伐る(きる)
臭木の虫(くさぎのむし) クロカミキリ・黒天牛 クワガタムシ・鍬形虫
クワカミキリ・桑天牛 毛(け) ゲンゴロウ・源五郎
コガネムシ・黄金虫・金亀子 ゴキブリ ゴマダラカミキリ・胡麻斑天牛
ゴマフカミキリ・胡麻斑天牛 ゴミムシ・塵芥虫・歩行虫 ゴミムシダマシ・塵虫騙し
コメツキムシ・米搗虫 昆虫(こんちゅう) シデムシ・埋葬虫(しでむし)
シバンムシ・死番虫 ジョウカイボン・浄海坊 シラホシカミキリ・白星天牛
シロスジカミキリ・白条天牛 スギカミキリ・杉天牛 センチコガネ・雪隠金亀子
ゾウムシ・象虫(ぞうむし) タマムシ・玉虫(たまむし) ツチハンミョウ・土斑猫
角(つの) 鉄砲虫(てっぽうむし) テントウムシ・天道虫
トラカミキリ・虎天牛 ドロムシ・泥虫(どろむし) ノコギリカミキリ・鋸天牛
ハナカミキリ・花天牛 ハナノミ・花蚤(はなのみ) ハネカクシ・羽隠・隠翅虫
ハムシ・葉虫・金花虫 ハンミョウ・斑猫(はんみょう) ヒョウタンゴミムシ・瓢箪塵虫
ヒラタムシ・扁虫(ひらたむし) フタスジハナカミキリ ベニカミキリ・紅天牛
ホタル・蛍(ほたる) ホタルカミキリ・蛍天牛 マツノマダラカミキリ・松斑天牛
マメゾウムシ・豆象虫 ミズスマシ・水澄 ミヤマカミキリ・深山天牛
虫(むし) ヨツキボシカミキリ ヨツスジハナカミキリ
ラミーカミキリ リンゴカミキリ・林檎天牛 ルリボシカミキリ・瑠璃星天牛

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス