【意味】 神とは、人間を超えた存在で、信仰・崇拝の対象となるもの。

【神の語源・由来】

上の方にいる尊ぶべき存在であるため、「上(かみ)」を語源とする説が多いが、奈良時代では、「神(かみ)」の「み」の発音と、「上(かみ)」の「み」の発音は違っていた。
古い文献の中には、神を「虎」や「蛇」と称しているものもあり、上の方にいる存在とは限らなかったことから「上(かみ)」の説は間違いと考えられ、語源は未詳である。

【関連語】

アーメン 阿修羅(あしゅら) いたこ
祈る・祷る(いのる) 上(うえ) 御神酒(おみき)
御神籤(おみくじ) 神楽(かぐら) 柏手・拍手(かしわで)
カリスマ 巫・覡(かんなぎ) 神無月(かんなづき)
キリシタン 賽銭(さいせん) 神経(しんけい)
奉る(たてまつる) 玉串(たまぐし) 手向け(たむけ)
トラ・虎(とら) 鳥居(とりい) 和幣(にきて)
人間(にんげん) 幣(ぬさ) 祝詞(のりと)
初詣(はつもうで) 福神漬け(ふくじんづけ) ヘビ・蛇(へび)
仏(ほとけ) 祭る・祀る・奉る(まつる) 巫女(みこ)
神輿・御輿(みこし) 禊(みそぎ) 幣(みてぐら)
宮(みや) 社(やしろ) 山の神(やまのかみ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス