鎌をかける

【意味】 鎌をかけるとは、知りたいことを自然にしゃべらせるよう、それとなく誘導すること。

【鎌をかけるの語源・由来】

鎌をかけるの語源は、以下の通り諸説あり、正確な語源は未詳。
やかましい意味の「囂し(かまし)」に、「ひっかける」の「かける」を加え、相手にやかましくしゃべらせ、うまく聞き出す意味で「かまをかける」になったとする説。
「甑(こしき)」や「桶(おけ)」を作る時に、寸法を計る道具を「かま」と呼び、「かま」で寸法を確認することを「かまをかける」と言っていたため、自分の思い通りにする誘導の意味だけ残り、現在の意味になったとする説などがある。
しかし、「かまをかける」の語源は、上記のような特別な意味を含んだものではなく、単純に、鎌で引っ掛けるようにして、相手を引き寄せる意味からと考えて良いであろう。

【関連語】

足元を見る(あしもとをみる) 当て馬(あてうま) 操る(あやつる)
アンケート 誘う(いざなう) 糸を引く(いとをひく)
インビテーション 思う壺・思う壷(おもうつぼ) 駆け引き(かけひき)
クイズ 口車(くちぐるま) 嗾ける(けしかける)
答える・応える(こたえる) 虎視眈眈(こしたんたん) ゴリ押し(ごりおし)
誘う(さそう) スパイ 唆す(そそのかす)
袖を引く(そでをひく) 単刀直入(たんとうちょくにゅう) 手玉に取る(てだまにとる)
でっちあげ デマ テンプテーション
謎々(なぞなぞ) 白状(はくじょう) ポン引き(ぽんびき)
水を向ける(みずをむける) 無理矢理(むりやり) よろしく

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス