かまぼこ

【意味】 かまぼことは、白身魚のすり身に味をつけて練り、蒸し煮やあぶり焼きなど加熱した食品。

【かまぼこの語源・由来】

かまぼこは、古くは細い竹を芯にしてすり身を塗りつけて焼いたものを意味し、その形がガマの穂に似ていることから「蒲の穂」と呼ばれていた。
「蒲の穂」から転じた由来は、「蒲穂子(がまほこ)」と言われていたものが訛ったとする説と、蒲の穂は「鉾(ほこ)」に似ているため「がまほこ」と呼ばれていたことから、「かまぼこ」になったとする説がある。
現在一般的な「板付きかまぼこ」は桃山時代に考案されたもので、竹に塗りつけたものは「竹輪」と呼ばれるようになった。
また、近年では赤身魚を原料とする「かまぼこ(くろぼこ)」も作られるようになった。

【関連語】

アジ・鯵(あじ) イシモチ・石持・石首魚 板(いた)
イワシ・鰯(いわし) エソ・狗母魚(えそ) おかず
ガマ・蒲(がま) 串(くし) グチ
魚(さかな) 薩摩揚げ(さつまあげ) スケトウダラ・介党鱈
タケ・竹(たけ) 伊達巻き(だてまき) 竹輪(ちくわ)
つくね つみれ トビウオ・飛魚(とびうお)
鳴門巻き(なるとまき) ハモ・鱧(はも) 半片(はんぺん)
ヒラメ・平目・鮃(ひらめ) 穂(ほ) 矛・鉾(ほこ)
料理(りょうり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス