カッコウ

【意味】 カッコウとは、カッコウ目カッコウ科の鳥。全長約35センチ。日本には夏鳥として渡来する。閑古鳥(かんこどり)。合法鳥(がっぽうどり)。

【カッコウの語源・由来】

「カッコー、カッコー」と聞こえる、その鳴き声に由来する名前。
中国では「郭公」、イギリスでは「cuckoo」、フランスでは「coucou」、ドイツでは「kuckuck」、オランダでは「koekoek」というように、この鳥の名が鳴き声に由来するのは日本だけに限らず、世界各地で見られることである。
なお、『万葉集』で「郭公」と表記されているのは「ホトトギス」のことで、「カホトリ」や「ヨブコドリ」と呼ばれていたのが、カッコウのことと考えられている。

【関連語】

アフリカカッコウ・アフリカ郭公 オナガカッコウ・尾長郭公 カッコウムシ・郭公虫
カンコドリ・閑古鳥(かんこどり) 閑古鳥が鳴く(かんこどりがなく) カンムリカッコウ・冠郭公
クロカッコウ・黒郭公 声(こえ) ジヒシンチョウ・慈悲心鳥
ジュウイチ セグロカッコウ・背黒郭公 セレベスジュウイチ
チャイロジュウイチ チャムネカッコウ・茶胸郭公 ツツドリ・筒鳥(つつどり)
トリ・鳥(とり) 泣く・鳴く・啼く(なく) 夏(なつ)
ハイイロカッコウ・灰色郭公 ハイタカジュウイチ ハシブトカッコウ・嘴太郭公
バンケン ヒメカッコウ・姫郭公 ホトトギス・杜鵑・時鳥・不如帰
マダガスカルホトトギス マダラカンムリカッコウ・斑冠郭公

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス