カキツバタ

【意味】 カキツバタとは、ユリ目アヤメ科の多年草。湿地に群生する。初夏、濃紫色の花をつける。かおよぐさ。かおよばな。かいつばた。

【カキツバタの語源・由来】

カキツバタは、古くは「カキツハタ」と清音であった。
カキツバタの語源は、花汁を摺って衣に染めるための染料としていたところから、「カキツケハナ(掻付花)」「カキツケバタ(書付花)」の説が通説となっている。
ただし、音変化として考えがたいため、語源は未詳。
漢字の「杜若」「燕子花」は漢名の借用だが、中国で「杜若」はツユクサ科のヤブミョウガを指し、「燕子花」はキンポウゲ科ヒエンソウ属の植物を指す。

【関連語】

アイリス アヤメ・菖蒲(あやめ) イキシア
一八・鳶尾(いちはつ) 掻く(かく) 書く・描く・画く(かく)
キショウブ・黄菖蒲(きしょうぶ) キペラ キンポウゲ・金鳳花
草(くさ) グラジオラス クロッカス
サフラン シャガ・射干・著莪(しゃが) ショウブ・菖蒲(しょうぶ)
染める(そめる) ダッチアイリス チグリジア
ツユクサ・露草(つゆくさ) ドイツアヤメ・ドイツ菖蒲(あやめ) ニワゼキショウ・庭石菖
ネジアヤメ・捩菖蒲(ねじあやめ) ノハナショウブ・野花菖蒲 花・華(はな)
ハナショウブ・花菖蒲 バビアナ ヒエンソウ・飛燕草(ひえんそう)
ヒオウギ・檜扇(植物) ヒメアヤメ・姫菖蒲(ひめあやめ) ヒメシャガ・姫射干(ひめしゃが)
フリージア ムラサキ・紫(むらさき) モントブレチア
ヤブミョウガ・藪茗荷 ユリ・百合(ゆり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス