牡蠣

【意味】 牡蠣とは、イタボガキ科の二枚貝の総称。海中の岩などに付着する。栄養が豊富で「海のミルク」といわれる。

【牡蠣の語源・由来】

牡蠣は、掻き落として取ることから「かき」になったとする説や、殻を欠き砕いて取ることから「かき」になったとする説、「掻貝(かきかい)」の意味などあり、牡蠣の殻を取るための動作を語源とする説が多く、妥当な説と考えられる。
その他、「か」は「貝」、「き」は「着」の意味からという説もあるが、説得力にとぼしい。
漢字の「牡蠣」は、「蠣」の一字で「かき」を意味するが、中国では牡蠣が全てオスと考えられていたため「牡」の字が付けられたといわれる。
これは、牡蠣が同一固体に雌雄性が交替に現れる卵生か卵胎生の雌雄同体で、外見上の生殖腺が同じであるため、全てオスに見えたものと考えられる。

【関連語】

アオヤギ・青柳(あおやぎ) アカガイ・赤貝(あかがい) アコヤガイ・阿古屋貝
アサリ・浅蜊(あさり) イガイ・貽貝(いがい) イタヤ・板屋貝(いたやがい)
岩(いわ) 海(うみ) 栄養(えいよう)
オイスター オス・雄・牡(おす) 貝(かい)
掻く(かく) 殻(から) カラスガイ・烏貝
シオフキガイ・潮吹き貝 シジミ・蜆(しじみ) タイラギ
卵・玉子(たまご) トリガイ・鳥貝(とりがい) バカガイ・馬鹿貝(ばかがい)
ハマグリ・蛤(はまぐり) ホタテ・帆立貝(ほたてがい) ホッキガイ・北寄貝
マテガイ・馬蛤貝・馬刀貝 ミルク メス・雌・牝(めす)
ワスレガイ・忘れ貝

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス