カジカ

【意味】 カジカとは、カサゴ目カジカ科の魚の総称。体はハゼに似ているが鱗がない。ゴリ。マゴリ。

【カジカの語源・由来】

カジカは、『日本釈名』に「河鹿なり、山河にある魚也、夜なきて其音たかし」とあり、「カハシカ(河鹿)」の略であろう。
河鹿とは「カジカガエル(河鹿蛙)」と呼ばれる蛙の一種で、カジカの外見は河鹿蛙と似ている。
『日本釈名』に「夜なきて」とあるように、近世までは魚のカジカと蛙のカジカは混同されていたため、この名がついたと考えられる。
漢字の「鰍」は、音符「秋」が「ぐっとひきしぼる」「しまって細い」という意味で中国では「ドジョウ」を指すが、水底を這うように行動するところが「ドジョウ」似ていることと秋の魚であることから、日本では「カジカ」の漢字として用いられるようになった。

【関連語】

アイナメ・鮎魚女・鮎並(あいなめ) アカウオ・赤魚(あかうお) 秋(あき)
アコウダイ・赤魚鯛(あこうだい) アブラボウズ・油坊主 鱗(うろこ)
オオサゴ・大佐賀・大逆 オコゼ・虎魚(おこぜ) カサゴ・笠子(かさご)
カジカガエル・河鹿蛙 カナガシラ・金頭・鉄頭 カマキリ・鎌切・杜父魚
キチジ・喜知次(きちじ) ギンダラ・銀鱈(ぎんだら) クサウオ・草魚(くさうお)
クジメ・久慈目(くじめ) コチ・鯒・牛尾魚(こち) ゴリ・鮴・石伏魚(ごり)
魚(さかな) サンコウメヌケ・さんこう目抜 ソイ・曹以(そい)
タケノコメバル・竹の子眼張 トクビレ・特鰭(とくびれ) ドジョウ・泥鰌(どじょう)
ハゼ・鯊・沙魚・蝦虎魚(はぜ) バラメヌケ・薔薇目抜 ハリゴチ・針鯒(はりごち)
ホウボウ・竹麦魚(ほうぼう) ホッケ メヌケ・目抜(めぬけ)
メバル・眼張(めばる) ヤマノカミ・山の神

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス