偕老同穴

【意味】 偕老同穴とは、夫婦が仲むつまじく、契りが固いこと。

【偕老同穴の語源・由来】

偕老同穴は、『詩経』の「子と偕(とも)に老いん(偕老)」と「死すれば則ち穴を同じくせん(同穴)」という二つの誓いの言葉を合わせたもの。
「偕老」は「生きている時はともに老い」の意味、「同穴」は「死んでからは同じ墓に入る」の意味で、夫婦が仲むつまじく固く、結ばれていることを表す。
「偕老同穴の契りを結ぶ」や「偕老の契り」などと使用される。

【関連語】

相方(あいかた) 相棒(あいぼう) 穴・孔(あな)
アベック 許婚・許嫁(いいなずけ) 生きる(いきる)
従兄弟同士は鴨の味 老いる(おいる) 夫(おっと)
カイロウドウケツ・偕老同穴(動物) 掛け替えのない カップル
絆(きずな) 琴瑟相和す(きんしつあいわす) 腐れ縁(くされえん)
死ぬ(しぬ) 糟糠の妻(そうこうのつま) 契り(ちぎり)
ちんちんかもかも つうと言えばかあ 妻(つま)
内助の功(ないじょのこう) 仲(なか) パートナー
墓(はか) 比翼連理(ひよくれんり) 結ぶ(むすぶ)
睦まじい(むつまじい) 割れ鍋に綴じ蓋

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス