戒名

【意味】 戒名とは、僧が死者につける法名。鬼号。

【戒名の語源・由来】

戒名の「名」は、元来、仏門に帰依した者に対し、生前に授けられた名をいった。
「受戒して仏門に入った者の名」であるから、「戒名」である。
日本では、中世末期頃から見られ、近世の檀家制度に基づき、戒名は一般的なものとなった。
なお、浄土真宗では授戒の作法がないため、「戒名」とは呼ばず「法名」といい、日蓮正宗を除く日蓮宗系では「法号」と呼ぶ。

【関連語】

字(あざな) 徒名・仇名(あだな) 渾名・綽名(あだな)
荒城・殯(あらき) 諱(いみな) 氏(うじ)
諡・贈り名(おくりな) お題目(おだいもく) 姓(かばね)
源氏名(げんじな) 賽の河原(さいのかわら) 三途の川(さんずのかわ)
四股・四股名(しこ・しこな) 死ぬ(しぬ) シャリ・舎利(しゃり)
髑髏(しゃれこうべ) 卒塔婆(そとば) ドクロ・髑髏(どくろ)
土左衛門(どざえもん) 名前(なまえ) ニックネーム
name・ネーム 念仏(ねんぶつ) 墓(はか)
ハンドルネーム 棺・柩(ひつぎ) ブランド
葬る(ほうむる) 仏(ほとけ) ミイラ
名字・苗字(みょうじ) 冥土・冥途(めいど) 殯(もがり)
黄泉(よみ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス