かげろう

【意味】 かげろうとは、春や夏の晴れた日に、地面が熱せられて空気密度が不均一になり、通過する光が不規則に屈折して、ゆらゆらと揺れて見える現象。糸遊。

【かげろうの語源・由来】

『万葉集』の「今さらに雪降らめやもかぎろひの燃ゆる春へとなりにしものを」の例があるように、かげろうを古くは「かぎろひ」と言った。
同じ『万葉集』の柿本人麻呂の歌には、「東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ」とあり、ここでは「明け方の東の空にさしはじめる光(太陽)」を意味している。
「かぎろひ」の「かぎ」は、「きらきら光って揺れる」「ちらつく」を意味する「かがよう」の「かが」と同源で、「かげ(影)」や「ほのかに光を出す」意味の「かぎる」も同源と考えられている。
「かぎろひ」の「ひ」は「火」で、かげろうは揺れて光る炎に見立てた語と考えられる。

【関連語】

糸遊(いとゆう) オーロラ 海市(かいし)
貝櫓(かいやぐら) 陰・蔭・翳・影(かげ) カゲロウ・蜻蛉・蜉蝣
陽炎稲妻水の月 ガス・瓦斯(がす) 狐の嫁入り(きつねのよめいり)
霧(きり) 空気(くうき) 煙(けむり)
不知火(しらぬい) シルエット 蜃気楼(しんきろう)
スモーク 太陽(たいよう) 天気(てんき)
夏(なつ) 逃げ水(にげみず) 虹(にじ)
春(はる) 光(ひかり) 炎・焔(ほのお)
仄か(ほのか) 幻(まぼろし) ミラージュ
湯気(ゆげ) 揺らぐ(ゆらぐ) レインボー

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス