鏡開き

【意味】 鏡開きとは、正月に神や仏供えた鏡餅を下ろし、雑煮や汁粉に入れて食べること。1月11日に行うところが多い。結婚式やパーティーなどの祝宴で、酒樽の蓋を木槌で割って開けること。鏡割り。

【鏡開きの語源・由来】

鏡開きの「開き」は、「割る」の忌み詞。
鏡開きの行事は武家社会の風習であったことから「切る」ことを避け、刃物で切らず手や木槌で叩いて割られるため「鏡割り」とも言うが、「割る」も縁起が悪いため、「開き」という縁起の良い言葉が使われるようになった。
現在は1月11日に鏡開きを行うことところが多いが、古くは「二十日(はつか)」が「刃柄(はつか)」に通じることから、1月20日に行われていた。
しかし、徳川家光が4月20日(慶安4年)に亡くなったため、20日を忌日として避け、1月11日に行われるようになった。
酒樽の蓋を割る「鏡開き」は、酒樽の上蓋が「鏡」と呼ばれていたたことによる。
祝宴の場で「鏡割り」などと言う司会者もいるが、特に結婚式の披露宴などでは非常に縁起の悪い言葉になるので、「鏡開き」を用いるべきである。

【関連語】

祝い(いわい) 鰯の頭も信心から ウエディング
宴(うたげ) 縁起(えんぎ) お汁粉(おしるこ)
お開き(おひらき) 鏡(かがみ) 鏡餅(かがみもち)
懸けの魚(かけのうお) 門松(かどまつ) 神(かみ)
切る・斬る・伐る(きる) 薬玉(くすだま) げんを担ぐ(げんをかつぐ)
小正月(こしょうがつ) 寿(ことぶき) 御幣担ぎ(ごへいかつぎ)
左義長(さぎちょう) 酒(さけ) 注連縄(しめなわ)
正月(しょうがつ) 松竹梅(しょうちくばい) ジンクス
善哉(ぜんざい) 雑煮(ぞうに) 樽(たる)
ダルマ・達磨(だるま) 槌・鎚・椎(つち) どんと焼き・どんど焼き
刃(は) パーティー 破魔矢(はまや)
開く(ひらく) 蓋(ふた) ブライダル
仏(ほとけ) めでたい 餅(もち)
割る(わる)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス