【意味】 楓とは、カエデ科カエデ属の落葉高木の総称。

【楓の語源・由来】

葉の形がカエルに似ていることから、古くは「蛙手(かへるて)」と呼ばれ、「かへんで」や「かへで」となり、「かえで」となった。
『万葉集』には、蛙の意味で「蝦」の文字を用い「蝦手(かへるて)」と表記された例も見られ、漢字の「楓」を「かつら」と読ませており、別の植物をさしていた。
平安中期頃から「かへで」と読まれるようになったが、元々「楓」は中国原産のマンサク科の落葉高木「ふう」を表す字で、「かえで」や「かつら」とは別品種である。
また、秋に美しく紅葉し、紅葉を代表とする植物とされているため、「もみじ」を「かえで」と言ったり、「かえで」を「もみじ」と言うこともあるが、「もみじ」は「かえで」だけをさすものではなく、植物の名称でもない。

【関連語】

秋(あき) イチョウ・銀杏・公孫樹(いちょう) イロハモミジ・以呂波紅葉
カエル・蛙(かえる) カツラ・桂(かつら) 木・樹(き)
銀杏(ぎんなん) 手(て) 葉(は)
花・華(はな) メープルシロップ 紅葉(もみじ)
紅葉狩り(もみじがり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス