株を守りて兎を待つ

【意味】 株を守りて兎を待つとは、古い習慣にこだわって、時勢の変化に応じた処理ができず進歩がないこと。一度味を占めたことにとらわれて、融通が利かないことのたとえ。

【株を守りて兎を待つの語源・由来】

株を守りて兎を待つは、昔、中国宋の農夫が、切り株にウサギがぶつかって死んだのを見た。
それ以来、同様にウサギが手に入るのではないかと思い、仕事をしないで毎日その切り株を見守っていたが、結局ウサギは捕れなかったという『韓非子』の故事に由来する。

【関連語】

味を占める(あじをしめる) 意固地・依怙地(いこじ) 一点張り(いってんばり)
一本槍(いっぽんやり) ウサギ・兎(うさぎ) 頑な(かたくな)
株(かぶ) 株を守る(くいぜをまもる) 杭を守る(くいをまもる)
剣を落として舟を刻む 強情・剛情(ごうじょう) 刻舟(こくしゅう)
拘り(こだわり) 琴柱に膠す(ことじににかわす) 諺(ことわざ)
しがみ付く(しがみつく) 仕来り(しきたり) 守株・株守(しゅしゅ)
定石・定跡(じょうせき) 囚われる・捕われる・捉われる 墨守(ぼくしゅ)
待つ(まつ) 守る・護る(まもる) 柳の下の泥鰌
融通(ゆうずう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス