カビ

【意味】 カビとは、菌類のうちキノコを生じないものの総称。主に糸状菌。飲食物・衣服・器具などの表面に発生する。

【カビの語源・由来】

発酵する意味の「カモス(醸す)」の元の形「カム(醸)」の異形が「カブ(醸)」で、発酵してカビが生えることを「カブ」といい、その連用形から名詞に転じたとする説が有力。
ただし、『古事記』の「葦牙の如く萌え騰る物に因りて」に見られる「牙」は「カビ」と読み、植物の芽を意味しており、「黴」と同源と考えられる。
「牙」が「黴」と同源となると、「醸す」を語源とするのは難しい。
「牙」を考慮すると、毛が立って皮のように見えるところから「カハミ(皮見)」とする説や、「カ」が「上」を表し、「ヒ(ビ)」が胎芽を意味する「イヒ」とする説が有力であろう。

【関連語】

アオカビ・青黴(あおかび) 垢(あか) アカパンカビ・赤パン黴
アメーバ イースト(酵母) ウイルス
ウジ・蛆(うじ) ウドンコカビ・饂飩粉黴 上(かみ)
醸す(かもす) 皮・革(かわ) キノコ・茸(きのこ)
菌(きん) 腐る(くさる) クモノスカビ・蜘蛛の巣黴
クロカビ・黒黴(くろかび) 毛(け) ケカビ・毛黴(けかび)
麹(こうじ) コウジカビ・麹黴(こうじかび) サビ・錆・銹(さび)
チーズ 梅雨(つゆ) ツユカビ・露黴(つゆかび)
黴菌(ばいきん) 梅毒・黴毒(ばいどく) ハエカビ・蠅黴(はえかび)
バクテリア ヒゲカビ・鬚黴(ひげかび) ビフィズス菌
古い・故い・旧い(ふるい) 埃(ほこり) ミズカビ・水黴(みずかび)
ムラサキホコリカビ・紫埃黴 芽(め) ワタカビ・綿黴(わたかび)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス