蒲焼

【意味】 蒲焼とは、開いて骨をとった鰻や穴子などを串刺しにし、醤油や味醂などを合わせたタレをつけて焼いたもの。また、その料理法。蒲焼き。かば焼き。

【蒲焼の語源・由来】

蒲焼の語源は諸説あり、以下の順に有力とされる。
昔は、開かずに竹串にさして丸焼きしていたが、その形が「蒲の穂(がまのほ)」に似ていたことから「がま焼き」と言われ、転訛して「かばやき」になったとする説。
焼きあがった蒲焼の色や形が、「樺の木(かばのき)」に似ていることからとする説。
香りの良さから「香疾(かばや)」と呼ばれ、転じて「蒲焼」になったとする説。
「蒲鉾焼き」が略され、「蒲焼」になったとする説。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス