かばん

【意味】 かばんとは、革やズックなどで作った、物を入れる携帯用具。

【かばんの語源・由来】

かばんの語源は諸説あり、中国語で」「文挟み(ふみばさみ)」を意味する「夾板」を日本語読みした「キャバン」が転じたとする説。
同じく中国語で、「お櫃(おひつ)」を意味する「夾槾」を日本語読みした「キャバン・キャマン」が転じたとする説。
その他、オランダ語の「kabas(カバス)」が転じたとする説がある。
「夾板(キャバン)」が転じたとする説が有力とされているが、「かばん」に変化する過程の文献が見当たらないため、正確な語源は未詳である。
明治10年代頃までは、主に「胴乱(どうらん)」が「かばん」の意味で使われていた。
漢字の「鞄(ほう)」は本来、なめし皮、また、それを作る職人の意味で、「かばん」の漢字として「鞄」が当てられたのは、明治22年の国語辞書「言海」である。
それ以前は、「革手提」「革袋」「革包」が、「かばん」の当て字として使われていた。

【関連語】

アタッシュケース お櫃(おひつ) 籠・駕籠(かご)
蝦蟇口(がまぐち) 皮・革(かわ) キスリング
巾着(きんちゃく) 財布(さいふ) 頭陀袋(ずだぶくろ)
ズック セカンドバッグ デイパック
トートバッグ トランク ナップサック
箱(はこ) バッグ バックパック
袱紗・帛紗・服紗(ふくさ) 袋(ふくろ) ブランド
ブリーフケース 風呂敷(ふろしき) ポーチ(小物入れ)
ポシェット ボストンバッグ ポチ袋(ぽちぶくろ)
ランドセル リュックサック

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス