【意味】 蚊とは、双翅目カ科の昆虫の総称。雌は人や家畜から吸血して痒みを与える。雄は植物の汁を吸う。

【蚊の語源・由来】

蚊の語源は諸説あり、「喧・囂(かま)」の下略、「かしましき」の下略など、鳴き声のやかましさに関連付ける説のほか、「細(か)」に由来する説や、「かぶれ」「痒み」に由来する説、「噛む」に由来する説など、非常に多くの説がある。
蜂には「刺された」というが、蚊には「噛まれた」ということから、上記語源の中では「噛む」の「カ」に由来する説が最も有力とされる。
「噛む」に「かぶれ」や「痒み」を総合して、「カ」になったとする説もある。
漢字の「蚊」は、「ブーン」という蚊の鳴き声に由来するといわれる。

【関連語】

アリ・蟻(あり) オス・雄・牡(おす) 蜻蛉・蜉蝣(かげろう)
姦しい(かしましい) 気触れる(かぶれる) 噛む・咬む(かむ)
蚊帳(かや) 痒い(かゆい) ゲジゲジ・蚰蜒(げじげじ)
ゴキブリ 昆虫(こんちゅう) 汁(しる)
吸う(すう) セミ・蝉(せみ) 血(ち)
トンボ・蜻蛉(とんぼ) ハエ・蠅・蝿(はえ) ハチ・蜂(はち)
文・書(ふみ) ブユ・蚋・蟆子(ぶゆ) ボウフラ・孑孑(ぼうふら)
ムカデ・百足(むかで) 虫(むし) メス・雌・牝(めす)
ヤスデ・馬陸(やすで) 薮蚊・藪蚊(やぶか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス