ガチョウ

【意味】 ガチョウとは、野生のガンから作られた家禽。ヨーロッパ産のガチョウはハイイロガンを原種とし、中国・シベリア産のガチョウはサカツラガンが原種。くちばしの上にコブがある。

【ガチョウの語源・由来】

ガチョウは、現在では「鵞鳥」と表記されるが、古くは「鵝」の文字が用いられ、単に「鵝(ガ)」と呼ばれていた。
「鵝」は「ガガ」と鳴く声を写した「我」と「鳥」との会意と考えられるため、ガチョウの「ガ」は鳴き声が語源となる。
「ガチョウ」は「ガ」が鳥類であることを表すために「鳥(チョウ)」が加えられた呼称で、「ガチョウ」の呼び名が一般化したのは江戸時代以降である。

【関連語】

アイガモ・合鴨(あいがも) アイサ・秋沙(あいさ) アヒル・家鴨(あひる)
ウミアイサ・海秋沙(うみあいさ) オオハクチョウ・大白鳥 オシドリ・鴛鴦(おしどり)
オナガガモ・尾長鴨 カモ・鴨(かも) カリ・雁(かり)
カリガネ・雁金(かりがね) カルガモ・軽鴨(かるがも) カワアイサ・川秋沙
ガン・雁(がん) カンムリツクシガモ・冠筑紫鴨 キンクロハジロ・金黒羽白
クグイ・鵠(くぐい) 嘴(くちばし・はし) クロガモ・黒鴨(くろがも)
ケワタガモ・毛綿鴨 声(こえ) コオリガモ・氷鴨(こおりがも)
コガモ・小鴨(こがも) コクガン・黒雁(こくがん) コクチョウ・黒鳥(こくちょう)
瘤(こぶ) コブハクチョウ・瘤白鳥 サツラガン・酒面雁
シジュウカラガン・四十雀雁 シノリガモ・晨鴨(しのりがも) シマアジ・縞味(しまあじ)
スズガモ・鈴鴨(すずがも) ツクシガモ・筑紫鴨 トモエガモ・巴鴨(ともえがも)
トリ・鳥(とり) 泣く・鳴く・啼く(なく) ハクガン・白雁(はくがん)
ハクチョウ・白鳥(はくちょう) ハシビロガモ・嘴広鴨 バリケン
ハワイガン・ハワイ雁 ヒシクイ・鴻・菱食(ひしくい) ヒドリガモ・緋鳥鴨
フォアグラ ホオジロガモ・頬白鴨 ミコアイサ・巫女秋沙
ヨシガモ・葦鴨(よしがも)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス