臥薪嘗胆

【意味】 臥薪嘗胆とは、復讐のために辛苦すること。目的を達成するために苦労・努力を重ねること。

【臥薪嘗胆の語源・由来】

臥薪嘗胆の「臥薪」は、薪(たきぎ)の上に寝ること。
臥薪嘗胆の「嘗胆」は、苦い胆(肝)を嘗めることで、共に自身を苦しめることで復讐の志を奮い立たせることを表す。
転じて、目的を達成するために苦心し、努力を重ねる意味で用いられるようになった。
臥薪嘗胆の成語は、『十八史略』の「春秋戦略」に見える次の故事に由来する。
春秋時代、呉王の闔呂(こうりょ)は越王の勾践(こうせん)と戦い、敗れて死んだ。
闔呂の息子である夫差(ふさ)は、父の仇を討つために固い薪の上に寝て、その痛みで復讐の志を忘れないようにし、三年後に会稽山で勾践を降伏させた。
敗れた勾践は、室内に苦い熊の胆を掛けて嘗め、その苦さで会稽の恥を忘れないようにし、十数年後に夫差を滅ぼして、会稽の恥を雪いだ。
なお、「嘗胆」のみでは『史記』の「越王勾践世家」が初出で、『十八史略』と同様の話であるため、『史記』の故事からとするものも多いが、「臥薪嘗胆」の形では『十八史略』の「春秋戦略」が初出となるため、臥薪嘗胆の出典という意味においては、『十八史略』とするのが良いであろう。

【関連語】

石の上にも三年 会稽の恥(かいけいのはじ) 敵・仇(かたき)
我慢(がまん) 我武者羅(がむしゃら) 汗馬の労(かんばのろう)
頑張る(がんばる) 肝・胆(きも) 苦節(くせつ)
苦労(くろう) 堅忍不抜(けんにんふばつ) 志(こころざし)
堪える(こらえる) 根性(こんじょう) 忍ぶ(しのぶ)
初志貫徹(しょしかんてつ) 辛酸を嘗める(しんさんをなめる) 雪辱(せつじょく)
耐える(たえる) 薪・焚き木(たきぎ) 塗炭の苦しみ(とたんのくるしみ)
嘗める・舐める(なめる) 寝る(ねる) 不撓不屈(ふとうふくつ)
踏ん張る(ふんばる) 粒粒辛苦(りゅうりゅうしんく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス