がさつ

【意味】 がさつとは、細かなところまで気が回らず、言動が荒っぽくて落ち着きのないさま。

【がさつの語源・由来】

がさつは、動詞「がさつく」が形容動詞化した語であろう。
がさつくは、擬音語「ガサガサ」の「ガサ」と動詞「つく」の複合語で、がさがさ音がするといった意味から、言動が粗く落ち着きがない様子も意味する。
「がさつく」の名詞形は「がさつき」で、音便化すると形容詞「がさつい」になり、その形容動詞が「がさつ」になる。
がさつの語源には、細かいところまで詮索する意味の漢語「苛察(かさつ)」からや、弁舌が巧みであった大江匡房の呼称「江師(がうそつ・がうのそち)」から、口達者なさまを表す形容動詞「がうそつ」が生じ、「がさつ」になったという説もあるが、いずれも「がさつ」の意味から離れているため考え難い。

【関連語】

明け透け(あけすけ) アバウト 荒い・粗い(あらい)
いい加減(いいかげん) 上っ調子(うわっちょうし) 大雑把(おおざっぱ)
お座成り(おざなり) おっちょこちょい 音(おと)
疎か(おろそか) 仮初(かりそめ) ぐうたら
細かい(こまかい) 杜撰(ずさん) ずぼら
粗悪(そあく) 粗忽(そこつ) 粗相(そそう)
粗暴(そぼう) ぞんざい だだくさ
だらしない ちゃらんぽらん 適当(てきとう)
捕らぬ狸の皮算用 丼勘定(どんぶりかんじょう) 蔑ろ(ないがしろ)
等閑(なおざり) 投げ遣り(なげやり) 生半可(なまはんか)
ふしだら 不束(ふつつか) 身も蓋もない(みもふたもない)
無造作(むぞうさ) 無茶苦茶(むちゃくちゃ) 滅茶苦茶(めちゃくちゃ)
忽せ(ゆるがせ) ルーズ 狼藉(ろうぜき)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

がさつの類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス