画竜点睛を欠く

【意味】 画竜点睛を欠くとは、ほぼ完成しているが、肝心な一点が抜けているため、全体が生きてこないこと。「画竜」は「がりゅう」とも読む。「点睛」を「点晴」、「欠く」を「書く」と表記するのは間違い。

【画竜点睛を欠くの語源・由来】

「睛」は「ひとみ(瞳)」で、「点睛」は動物の絵を描き、最後に瞳を入れて完成させることを意味する。
中国の張という絵の名人が金稜の安楽寺の壁に竜の絵を描き、最後に瞳を描き入れたところ竜が昇天したという、唐時代の画史書『歴代名画記』に見える故事から、物事を完璧なものにするための中心や最後の仕上げを「点睛」や「画竜点睛」というようになった。

【関連語】

アキレス腱(あきれすけん) 粗を探す(あらをさがす) いい加減(いいかげん)
絵・画(え) 大雑把(おおざっぱ) 落ち度(おちど)
おっちょこちょい 疎か(おろそか) 欠く・闕く(かく)
書く・描く・画く(かく) 要(かなめ) 壁(かべ)
肝心(かんじん) 完璧(かんぺき) 弘法にも筆の誤り
杜撰(ずさん) ずぼら 粗相(そそう)
ぞんざい だだくさ 竜・龍(たつ)
玉に瑕(たまにきず) 適当(てきとう) 生半可(なまはんか)
瞳・眸(ひとみ) 弁慶の泣き所 竜・龍(りゅう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス