がらんどう

【意味】 がらんどうとは、中に何もなく広々していること。誰もいないこと。また、そのさま。

【がらんどうの語源・由来】

がらんどうの語源には、寺院の中で伽藍神を祭ってある堂を「伽藍堂(がらんどう)」といい、伽藍堂の中は何も無くて広々としていることからとする説がある。
また、「がらん」「からん」「からっ」「からから」などの擬態語からや、「から(空・殻)」が転じたとする説もあり、がらんどうの語源は未詳である。

【関連語】

空ろ・虚ろ(うつろ) 殻(から) 空っ穴(からっけつ)
空っぽ(からっぽ) 閑古鳥が鳴く(かんこどりがなく) 閑散(かんさん)
すっからかん 寺(てら) 無い(ない)
空しい・虚しい(むなしい) 蛻の殻(もぬけのから)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス