元旦

【意味】 元旦とは、元日の朝。元朝。元日。

【元旦の語源・由来】

元旦の「元」は「はじめ」の意味。
「旦」は「日」が「太陽」、その下の横棒が「地平線」で、地平線から太陽が現れることを示し、「日の出」や「朝」の意味をもつ。
つまり、一年の最初の朝なので、元日の朝を意味する。
このようなことから、元日(1月1日)の意味で元旦を使うのは誤りといわれるが、古くから元日の意味でも用いられており、朝に限って使われる言葉ではない。
朝は一日の始まりを表す言葉で、一年の始まりという意味では、1月1日は一年の朝である。

【関連語】

暁(あかつき) 曙(あけぼの) 朝(あさ)
朝ぼらけ(あさぼらけ) 朝まだき(あさまだき) 有明(ありあけ)
大晦日(おおみそか) おせち料理(おせちりょうり) 御天道様(おてんとうさま)
お年玉(おとしだま) 元日(がんじつ) 小正月(こしょうがつ)
東雲(しののめ) 正月(しょうがつ) 除夜の鐘(じょやのかね)
太陽(たいよう) 一日・朔日・朔(ついたち) 晦・晦日(つごもり)
年賀状(ねんがじょう) 初め・始め(はじめ) 日(ひ)
睦月(むつき) 黎明(れいめい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス