元日(がんじつ) - 語源由来辞典

元日

【意味】 元日とは、1年の最初の日。1月1日。年のはじめを祝う国民の祝日。がんにち。

【元日の語源・由来】

元日の「元」は「はじめ」の意味で、文字通り、一年の最初の日を表す。
元旦には1月1日の朝という意味もあるが、元日には朝の意味は含まれない。

【関連語】

朝(あさ) 祝い(いわい) 海の日(うみのひ)
大晦日(おおみそか) おせち料理(おせちりょうり) お年玉(おとしだま)
カレンダー ガンジツソウ・元日草 元旦(がんたん)
勤労感謝の日 敬老の日(けいろうのひ) 建国記念の日
憲法記念日 小正月(こしょうがつ) こどもの日(こどものひ)
暦(こよみ) 秋分の日(しゅうぶんのひ) 春分の日(しゅんぶんのひ)
正月(しょうがつ) 昭和の日(しょうわのひ) 除夜の鐘(じょやのかね)
成人の日(せいじんのひ) 体育の日(たいいくのひ) 一日・朔日・朔(ついたち)
晦・晦日(つごもり) 天皇誕生日 年・歳(とし)
年賀状(ねんがじょう) 初め・始め(はじめ) 日(ひ)
文化の日(ぶんかのひ) みどりの日(みどりのひ) 睦月(むつき)

【関連リンク】

「元日」「元旦」「正月」の違い
「元日」の雑学一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス