頑張る

【意味】 頑張るとは、困難に耐え、努力してやり通すこと。

【頑張るの語源・由来】

頑張るは、江戸時代から見られる語で、漢字は当て字である。
頑張るの語源は、二通りの説がある。
ひとつは「眼張る(がんはる)」が転じて「頑張る」になったとする説で、「目をつける」や「見張る」といった意味から「一定の場所から動かない」という意味に転じ、さらに転じて現在の意味になったとする説。
もうひとつは、自分の考えを押し通す意味の「我を張る(がをはる)」が転じ、「頑張る」になったとする説である。
「眼張る」の説が有力とされるが、東北地方の方言「けっぱる」は「気張る」から、「じょっぱり」は「情張り」からであるため、「我を張る」の説が間違いとは断定できない。

【関連語】

齷齪(あくせく) あなた任せ(あなたまかせ) 意気地(いくじ)
一生懸命(いっしょうけんめい) 臥薪嘗胆(がしんしょうたん) 我慢(がまん)
我武者羅(がむしゃら) ガリ勉(がりべん) 生真面目(きまじめ)
蛍雪の功(けいせつのこう) サボる 地道(じみち)
しゃかりき 遮二無二(しゃにむに) 他力本願(たりきほんがん)
努力(どりょく) 熱心(ねっしん) 励む(はげむ)
ハッスル 発破を掛ける(はっぱをかける) 只管(ひたすら)
直向き(ひたむき) 一筋(ひとすじ) 踏ん張る(ふんばる)
勉強(べんきょう) 真面目(まじめ) 無二無三(むにむさん)
目・眼(め) 吝か(やぶさか) 我・吾(われ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

頑張る(がんばる)の類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス