ガン

【意味】 ガンとは、カモ目カモ科の水鳥のうち、ハクチョウ類を除いた大形の水鳥の総称。ツバメとともに日本における代表的な渡り鳥。

【ガンの語源・由来】

上代には「カリ」と呼ばれていたが、室町時代頃から「ガン」が現れた。
次第に一般名として扱われるようになり、現代では「ガン」が正式名、「カリ」が異名という扱いをされるようになった。
「カリ」が「ガン」となった由来は、語調を強くするために漢語「雁」の勢力が増したとする説と、鳴き声からとする説があるが、漢語「雁」の説が有力とされる。
ただし、カリの語源はカリガネの鳴き声に由来し、そのカリガネが減少して、「ガンガン」と鳴くマガンやヒシクイの増加によって、和語内でガンの鳴き声を受けたとの見方もある。

【関連語】

アイガモ・合鴨(あいがも) アイサ・秋沙(あいさ) アヒル・家鴨(あひる)
ウミアイサ・海秋沙(うみあいさ) オオハクチョウ・大白鳥 オシドリ・鴛鴦(おしどり)
オナガガモ・尾長鴨 ガチョウ・鵞鳥(がちょう) カモ・鴨(かも)
カリ・雁(かり) カリガネ・雁金(かりがね) カルガモ・軽鴨(かるがも)
カワアイサ・川秋沙 雁が飛べば石亀も地団駄 雁首(がんくび)
雁首をそろえる カンムリツクシガモ・冠筑紫鴨 キンクロハジロ・金黒羽白
クグイ・鵠(くぐい) クロガモ・黒鴨(くろがも) ケワタガモ・毛綿鴨
声(こえ) コオリガモ・氷鴨(こおりがも) コガモ・小鴨(こがも)
コクガン・黒雁(こくがん) コクチョウ・黒鳥(こくちょう) コブハクチョウ・瘤白鳥
サツラガン・酒面雁 シジュウカラガン・四十雀雁 シノリガモ・晨鴨(しのりがも)
シマアジ・縞味(しまあじ) スズガモ・鈴鴨(すずがも) ツクシガモ・筑紫鴨
ツバメ・燕(つばめ) トモエガモ・巴鴨(ともえがも) トリ・鳥(とり)
泣く・鳴く・啼く(なく) ハクガン・白雁(はくがん) ハクチョウ・白鳥(はくちょう)
ハシビロガモ・嘴広鴨 バリケン ハワイガン・ハワイ雁
ヒシクイ・鴻・菱食(ひしくい) ヒドリガモ・緋鳥鴨 ホオジロガモ・頬白鴨
ミコアイサ・巫女秋沙 ヨシガモ・葦鴨(よしがも)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス