ガン

【意味】 ガンとは、悪性腫瘍。細胞無制限に増殖し、周囲の組織を侵したり、他の臓器に転移して生体を死に至らしめる病気。組織の大きな障害となっているもの。

【ガンの語源・由来】

江戸時代の医学書に「乳岩」で見られるため、「岩」の漢字音が語源と考えられる。
ガンを「岩」としたのは、触ると固いしこりがあるところからと思われる。
漢字の「癌」も、「岩」の異体字「嵒」に病垂れからなる文字である。
ガンを英語で「cancer」といい、「かに座」も「cancer」である。
「cancer」は「カニ(蟹)」を表すギリシャ語「karkinos」に由来し、腫瘍とその周囲のリンパ節の腫れたさまが、カニの脚に似ることからの命名である。
そのため、「蟹」の俗語形「ガニ」を語源とする説もあるが、日本で「ガン」と呼ばれるようになった時代や漢字の使用例から考え、妥当ではない。
組織の中にあって、大きな障害となっているものを「ガン」というのは比喩的表現。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 疣(いぼ) 岩(いわ)
インフルエンザ ウイルス 魚の目(うおのめ)
膿(うみ) 御出来(おでき) 風・風邪(かぜ)
カニ・蟹(かに) 薬(くすり) 瘤(こぶ)
痔(じ・ぢ) 凝り・痼り(しこり) 胼胝・胝(たこ)
たん瘤(たんこぶ) 人間ドック(にんげんどっく) ノロウイルス
バリウム 腫れる・脹れる(はれる) 贅(ふすべ)
黒子(ほくろ) 肉刺(まめ) 物貰い(ものもらい)
モルヒネ 病(やまい) リンパ
レントゲン

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス