がむしゃら

【意味】 がむしゃらとは、一つの目的に向かって、後先を考えず夢中に行動するさま。

【がむしゃらの語源・由来】

がむしゃらは、「がむしゃ」に接尾語「ら」が付いた語で、漢字の「羅」は当て字である。
がむしゃらの「がむしゃ」は、向こう見ずにふるまうことを意味する語である。
漢字で「我武者」と書くことから、「がむしゃ」の語源を「我が強いわがままな武士(武者)」とする説もあるが、、江戸時代の文献には「がむしゃ者」といった例が見られることから、「むしゃ」を「武者」と書くのも当て字と考えられ、武士を語源とするのは間違いであろう。
「がむしゃ」の語源は未詳であるが、「我無性(がむしょう)」が転じたとする説、「我」に「むしゃくしゃする」の「むしゃ」が付いたとする説、「我貪り(がむさぼり)」が転じたとする説などが有力とされている。

【関連語】

齷齪(あくせく) 意気地(いくじ) 意固地・依怙地(いこじ)
一目散(いちもくさん) 一生懸命(いっしょうけんめい) 一心不乱(いっしんふらん)
一点張り(いってんばり) 大童(おおわらわ) 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
頑な(かたくな) 我慢(がまん) がめつい
ガリ勉(がりべん) 頑張る(がんばる) 生真面目(きまじめ)
きりきり舞い(きりきりまい) 首っ丈(くびったけ) 蛍雪の功(けいせつのこう)
強情・剛情(ごうじょう) 拘り(こだわり) ゴリ押し(ごりおし)
地道(じみち) しゃかりき 遮二無二(しゃにむに)
てんてこ舞い(てんてこまい) とことん 兎に角(とにかく)
熱心(ねっしん) 励む(はげむ) ハッスル
只管(ひたすら) 直向き(ひたむき) 一筋(ひとすじ)
武士(ぶし) 踏ん張る(ふんばる) 真面目(まじめ)
向きになる(むきになる) 夢中(むちゅう) 無二無三(むにむさん)
専ら(もっぱら) 横紙破り(よこがみやぶり) 横車を押す(よこぐるまをおす)
我儘(わがまま) 我・吾(われ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

がむしゃらの類語・同義語 - 類語同義語辞典
我武者羅の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス