ガラケー

【意味】 ガラケーとは、日本独自の市場で進化した携帯電話。

【ガラケーの語源・由来】

ガラケーは「ガラパゴス携帯(ケータイ)」の略。
ガラパゴスは、エクアドルから西方約900kmの太平洋上に浮かぶ諸島で、他の島との接触がなく隔離された状態であっため、独自の進化を遂げた動植物が多く存在することで有名である。
ガラパゴス諸島の生物のように、独自の進化をすること。特に、IT技術などで国際規格とは異なる方向で進化をすることを「ガラパゴス化」という。
日本の携帯電話は、ワンセグ、着メロ、着うた、赤外線通信、電子マネーなど多機能であるが、世界標準とは異なる進化をしていることから、「ガラパゴス化した携帯電話」の意味で「ガラケー(ガラパゴス携帯)」と呼ぶようになった。

【関連語】

インターネット Web・ウェブ カメラ
ゲーム コンピュータ 島・嶋(しま)
ストラップ スマートフォン ダイヤル
テレビ テレフォン トランシーバー
ファックス フィーチャーフォン メール
もしもし モバイル ラジオ
ワンセグ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

ガラケーの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス