ガキ

【意味】 ガキとは、子供を卑しめて言う語。子供の俗称。

【ガキの語源・由来】

仏教語で、生前の悪業の報いで餓鬼道に堕ちた亡者を「餓鬼」という。
これは、「死者」を意味するサンスクリット語「Preta(音写は薜茘多(へいれいた)」の漢訳。
「餓」は「飢え」の意味から付け加えられたもので、「鬼」は恐怖の対象となる鬼ではなく「死者」を意味し、本来は「鬼」のみで「Preta」の漢訳にあたる。
古代インドで、死者は子孫の供える食物などを期待している者とされており、この観念が仏教に取り入れられ、飢えと渇きに苦しむ亡者と考えられるようになった。
子供を「ガキ」というのは、餓鬼のように食べ物をむさぼるところからである。

【関連語】

青二才(あおにさい) 赤ちゃん(あかちゃん) 幼気(いたいけ)
飢える・餓える・饑える(うえる) 幼い(おさない) 乙女(おとめ)
鬼(おに) おぼこ・おぼこい おませ
餓鬼に苧殻(がきにおがら) 餓鬼の断食(がきのだんじき) 餓鬼の目に水見えず
餓鬼の物をびんずる 餓鬼も人数(がきもにんじゅ) 生娘(きむすめ)
子(こ) 小僧(こぞう) こましゃくれる
死ぬ(しぬ) 弱冠(じゃっかん) 大将(たいしょう)
ちび 猪口才(ちょこざい) 丁稚(でっち)
どら息子(どらむすこ) 生意気(なまいき) 二十歳(はたち)
雛(ひな) 雛(ひよこ) 坊主(ぼうず)
坊や(ぼうや) 仏(ほとけ) 孫(まご)
嬰児(みどりご) やんちゃ 腕白(わんぱく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス