牙城(がじょう) - 語源由来辞典

牙城

【意味】 牙城とは、城中で主将のいる所。城の本丸。敵の本陣。組織・勢力などの中枢。本拠。

【牙城の語源・由来】

「牙」は牙旗の意味。
牙旗とは大将の旗のことで、爪と牙で身を守るのを模し、旗竿の頭を象牙で飾りつけるところからいう。
その牙旗が城の内郭で大将のいる所に立てられたことから、本丸・本陣・本拠地の意味となった。
そこから、大きな組織などの中枢のたとえにも用いられる。

【関連語】

アジト 核(かく) 牙(きば)
キャッスル 曲輪・郭・廓(くるわ) 君主(くんしゅ)
虎口(こぐち) 竿・棹(さお) 三の丸(さんのまる)
軸(じく) 城(しろ) 巣(す)
住みか・棲みか(すみか) ゾウ・象(ぞう) 組織(そしき)
大将(たいしょう) 爪(つめ) 敵(てき)
天子(てんし) 天守閣(てんしゅかく) 砦・塞・塁・寨(とりで)
二の丸(にのまる) 塒(ねぐら) 旗・幡・旌(はた)
フランチャイズ 本丸(ほんまる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス