牙城

【意味】 牙城とは、城中で主将のいる所。城の本丸。敵の本陣。組織・勢力などの中枢。本拠。

【牙城の語源・由来】

「牙」は牙旗の意味。
牙旗とは大将の旗のことで、爪と牙で身を守るのを模し、旗竿の頭を象牙で飾りつけるところからいう。
その牙旗が城の内郭で大将のいる所に立てられたことから、本丸・本陣・本拠地の意味となった。
そこから、大きな組織などの中枢のたとえにも用いられる。

【関連語】

アジト 核(かく) 牙(きば)
キャッスル 曲輪・郭・廓(くるわ) 君主(くんしゅ)
虎口(こぐち) 竿・棹(さお) 三の丸(さんのまる)
軸(じく) 城(しろ) 巣(す)
住みか・棲みか(すみか) ゾウ・象(ぞう) 組織(そしき)
大将(たいしょう) 爪(つめ) 敵(てき)
天子(てんし) 天守閣(てんしゅかく) 砦・塞・塁・寨(とりで)
二の丸(にのまる) 塒(ねぐら) 旗・幡・旌(はた)
フランチャイズ 本丸(ほんまる)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス