カッターシャツ

【意味】 カッターシャツとは、襟とカフスが縫い付けられたワイシャツ。

【カッターシャツの語源・由来】

大正7年(1918年)、スポーツ用品メーカー『美津濃(現ミズノ)』によって作られたスポーツ用シャツで、もと商標名。
名前の由来を英語の「cutter」と関連付ける説もあるが、英語とは関係なく、美津濃の創業者の水野利八が考えた造語で、「勝った」をもじったものである。
ワイシャツの一種類であるが、それぞれを同じものと考え、東日本では「ワイシャツ」、西日本では「カッターシャツ」と呼ぶことが多い。
また、学生が着るものを「カッターシャツ」、社会人が着るものを「ワイシャツ」と区別されることもある。

【関連語】

アロハシャツ 襟(えり) カーディガン
学生(がくせい) 学ラン カッターシューズ
カフス クールビズ サラリーマン
シャツ スーツ スポーツ
セーター 背広(せびろ) タキシード
タンクトップ Tシャツ ネクタイ
ファッション ブラウス ブランド
ボタン ポロシャツ ワイシャツ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

カッターの意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス