カツ

【意味】 カツとは、牛・豚・鶏肉などの切り身に、小麦粉・とき卵・パン粉をつけて油で揚げた料理。

【カツの語源・由来】

カツは、英語の「cutlet(カツレツ)」が略されたものである。
「cutlet」は肉の切り身そのものを意味し、語源は骨付き背肉を意するフランス語「cotelette(コートレット)」である。
日本にカツレツが入ったのは、近世末から明治初期といわれ、福沢諭吉の「華英通語」には「cutlet(吉列)」とある。
当時のカツレツは、牛肉や鶏肉を使った「ビーフカツレツ」「チキンカツレツ」で、明治28年(1895年)、銀座「煉瓦亭」の木田元次郎が、豚肉を使った「ポークカツレツ」を売り出したのが、「トンカツ(とんかつ)」の起源とされる。
昭和初頭、上野「元祖とんかつぽん多」の創業者である島田信二郎が、豚肉を使ったカツレツを「豚カツ」を売り出し、少しずつ「カツ」と略された呼び名が定着していった。
このようなことから、カツとフライの違いは特に定義されていないが、魚や野菜類を揚げた料理は、カツと呼ばず、フライと呼ばれるようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス