カンニング

【意味】 カンニングとは、試験のとき、他人の答案を盗み見たり、隠し持ったメモや参考書などを見る不正行為。

【カンニングの語源・由来】

「ずるい」「狡猾な(こうかつな)」を意味する英語「cunning」からの外来語だが、日本でいう「カンニング」の意味はない(英語では「cheating」や「cribbing」という)。
試験のときにする不正行為を「カンニング」と言うようになったのは、明治時代の学生が「cunning」の意味を広げて、隠語的に使用したのが始まりといわれる。

【関連語】

あんちょこ イカサマ 一夜漬け(いちやづけ)
インチキ 覚える(おぼえる) 学生(がくせい)
学校(がっこう) カンペ 教科書(きょうかしょ)
狡猾(こうかつ) 小賢しい(こざかしい) 姑息(こそく)
ゴト師(ごとし) 誤魔化す(ごまかす) 詐欺(さぎ)
スクール 狡い(ずるい) 狡賢い(ずるがしこい)
生徒(せいと) テスト 虎の巻(とらのまき)
ペテン師(ぺてんし) 勉強(べんきょう) 見る(みる)
メモ 落第(らくだい) 浪人(ろうにん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス