カリスマ

【意味】 カリスマとは、一般大衆を魅了するような資質や技能をもった人気者をいう俗語。

【カリスマの語源・由来】

ギリシャ語で「恵み」「恩愛」を意味する「カリス」に由来する語。
「カリス」から派生した「カリスマ」は、新約聖書で「神からの贈り物」「神の賜物」を意味する宗教用語であった。
この語が一般に広まったのは、ドイツの社会学者マックス・ヴェーバーが社会学用語としてを用いた20世紀以降のことで、特異性・神秘性・非人間性のある政治や宗教の指導者などをさし、善悪問わず他の人間を支配・誘導する意味が多く含まれていた。
日本では90年代後半から多く使われるようになったが、「カリスマ美容師」「カリスマ教師」「カリスマ店員」など、支配や誘導の意味が薄れた用法であった。
さらに「カリスマ主婦」など、特別な資質を持たない者もさすようになり、単なる「人気者」や「憧れの対象」をさす言葉として広く気軽に用いられるようになった。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス