カーディガン

【意味】 カーディガンとは、毛糸やニットで作られ、襟がなく前あきでボタンのついた上着。

【カーディガンの語源・由来】

考案者である英国のカーディガン伯爵の名に由来する。
1853年~56年のクリミア戦争で負傷した際、イギリス陸軍カーディガン7世が、セーターを前あきにしてボタンでとめられるようにし、保温のために軍服の上に重ね着したのが始まりといわれ、そこから「カーディガン」の名がついた。
現在では、男女問わず子供向けから大人向けまで、幅広い層の者が着る服となっているが、かつては英国紳士のファッションであった。

【関連語】

アノラック アロハシャツ 襟(えり)
カッターシャツ カットソー クローク
ケープ 袈裟(けさ) コート
コスチューム ジャケット シャツ
ジャンパー ショール ストール
セーター セーラー服(ふく) ダッフルコート
タンクトップ 丹前(たんぜん) ちゃんちゃんこ
Tシャツ 褞袍(どてら) トレンチコート
ニット パーカー 羽織(はおり)
半纏(はんてん) ピーコート ファッション
服(ふく) ブラウス ブレザー
ボタン ボレロ ポロシャツ
ポンチョ マフラー マント
蓑・簑(みの) ワイシャツ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス