カッパ

【意味】 カッパとは、雨天の外出に着るマント状の雨具。レインコート。雨合羽。

【カッパの語源・由来】

カッパは、ポルトガル語「capa」からの外来語で、漢字の「合羽」「雨合羽」は、江戸時代から使われ始めた当て字。
16世紀頃、日本に来航したポルトガル人によってラシャ製の「capa」が伝えられ、外衣として珍重されていた。
カッパは厚手で防水性もあるため、雨具としても使われるようになった。
明治以降には、防寒具として用いるものが「マント」と呼ばれるようになったため、雨具として用いるものを「カッパ」と呼ぶようになった。

【関連語】

アーケード 相合傘(あいあいがさ) アノラック
雨(あめ) アンブレラ エプロン
傘・笠(かさ) カッパ・河童(かっぱ) 割烹着(かっぽうぎ)
蚊帳(かや) 唐傘(からかさ) クローク
ケープ 袈裟(けさ) こうもり傘(こうもりがさ)
コート コスチューム 三度笠(さんどがさ)
サンバイザー シェード ジャケット
シャッター 蛇の目傘(じゃのめがさ) ジャンパー
ショール 頭巾(ずきん) 簾(すだれ)
ストール セーター セーラー服(ふく)
ダッフルコート 丹前(たんぜん) ちゃんちゃんこ
てるてる坊主(ぼうず) 天蓋(てんがい) テント
褞袍(どてら) トレンチコート 南蛮(なんばん)
軒(のき) パーカー 羽織(はおり)
バスローブ パラソル 番傘(ばんがさ)
ピーコート 庇・廂(ひさし) ファッション
服(ふく) ブラインド ブレザー
ポーチ(玄関) 幌(ほろ) ポンチョ
マフラー マント 水(みず)
蓑・簑(みの) 屋根(やね) 葦簀・葭簀(よしず)
ランプシェード

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス