カンツォーネ

【意味】 カンツォーネとは、イタリアの大衆歌謡の総称。

【カンツォーネの語源・由来】

カンツォーネは、「歌」「歌謡」を意味するイタリア語「canzone」からの外来語。
「canzone」はフランス語の「シャンソン」と同源で、「歌う」「賛美する」「合図する」などを意味するラテン語「canto」に由来する。
古くイタリアでは、カンツォーネが「世俗詩」や「ソナタ」、「叙情的な歌曲」「器楽曲」など様々な意味で用いられた。
日本では特に、1950年代以降に流行したナポリ地方のポピュラーソングを指して、「カンツォーネ」と呼ぶことが多い。

【関連語】

アカペラ アリア 歌・唄・詩(うた)
エレジー 演歌(えんか) 音(おと)
オペラ オラトリオ 音楽(おんがく)
カラオケ カンタータ 口ずさむ(くちずさむ)
コーラス コーラル(音楽) 賛美歌(さんびか)
シャンソン ソナタ デュエット
流し(ながし) バルカロール ヒム
ボーカル ポピュラー ミュージカル
メロディー ユニゾン リート
レクイエム レシタティーヴォ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス