いよかん

【意味】 いよかんとは、ミカン科の常緑低木。果実は大きく、赤橙色で水分が多い。

【いよかんの語源・由来】

いよかんは1887年に山口県で発見され、古く「穴門蜜柑(あなとみかん)」と呼ばれた。
「穴門」とは、現在の山口県北部にあたる「長門国」一帯の古名である。
明治時代中頃、愛媛県に移植し盛んに栽培されるようになり、愛媛県の旧国名である「伊予」から、「伊予蜜柑・美柑(いよみかん)」や「伊予柑(いよかん)」と呼ばれるようになった。
昭和初期に正式名として、「伊予柑(いよかん)」と名付けられた。

【関連語】

温州蜜柑(うんしゅうみかん) オレンジ カボス・香母酢(かぼす)
木・樹(き) キンカン・金柑(きんかん) 果物(くだもの)
クネンボ・九年母(くねんぼ) グレープフルーツ ザボン・朱欒(ざぼん)
サンショウ・山椒(さんしょう) シトロン スダチ・酢橘(すだち)
ダイダイ・橙(だいだい) タチバナ・橘(たちばな) タンゼリン
デコポン デザート 夏蜜柑(なつみかん)
ネーブル ハッサク・八朔(はっさく) フルーツ
ブンタン・文旦(ぶんたん) ベルガモット ポンカン・椪柑(ぽんかん)
マンダリン 実(み) ミカン・蜜柑(みかん)
ユズ・柚子(ゆず) ライム レモン・檸檬(れもん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス